鉛筆削り

鉛筆削りとは鉛筆を削る機械です。鉛筆はすごく合理的なツールなのです。小学生の頃や子供の頃の思い出も踏まえつつご紹介するサイトです。

漫画家は下書きに鉛筆を使う

デッサン用の鉛筆たち
鉛筆は手軽に書いたり消したりできるので、デッサンや背景など様々なテクニックを多用する漫画家は下書きに鉛筆を使います。

鉛筆はいいですね。鉛筆削りで好きな削り具合にして下書きする。
鉛筆は創造的な仕事をするときにぴったりですね。

今ではコミックスタジオなどのように
パソコンで下書きをして、パソコンで線を書いて
トーンも張るというデジタルで完結させる人も射ますが
大抵そういう人でも絵の練習は鉛筆でしています。

特に鉛筆での漫画やイラストを書くときのデッサンの手法で「あたり」というのがあります。
アニメや漫画の絵というのは一本線で書かれています。
この一本線を初めから角度や立体感を交えて一発で書くのは不可能です。

このあたり線というのは、大体想像で人間や背景を書きます。
それで消しゴムを使って何回も書いたり消したりして自分の思った線を突き詰めていき、
最後に一本線、鉛筆であったり、Gペンであったりで上から塗り、境界線を確定するのです。
絵というのは、漫画というのは、作画をしている人のこうした努力の積み重ねなんですね。

デッサンや絵の練習に、鉛筆は欠かせないものです。
鉛筆を使うということは、鉛筆削りも必要で消しゴムも必要。紙も必要。

そのほかにも
炭で絵を描くクロッキーという練習方法があります。
これは速写(速写画)と言い、対象を素早く描画することです。
すばやく、に動物や人体など動きのあるものを捉える訓練として使われます。
このときも鉛筆などが使われる。

これを総評すると、
鉛筆というのは、人間の脳、手、指から紙に描画するという
一番直感的な手段ともいえるのです。
鉛筆以上に直感的かつ手軽な描画方法というのは他には無いでしょう。

Copyright(C)2015 鉛筆削り All Rights Reserved.
鉛筆削りをこよなく愛す管理人の考察サイト。削り器とどう向き合うか、なぜ存在するのか
など鉛筆と削り器を切って離せない関係など愛すべき思い出を語りつつ紹介するホームページです。

inserted by FC2 system